屋根カバー工法
Roof cover construction method

NISSIN屋根工房  安全・安心・責任施工
NISSIN屋根工房  安全・安心・責任施工

屋根カバー工法

Roof cover construction method

カバー工法とは、既存の屋根材の上から重ねて新しい屋根材を取り付ける方法です。 カバー工法は屋根を重ねることから「重ね葺き」とも呼ばれています。 古い屋根をはがして処分する手間と費用がかからないので、工事費用と工事期間を抑えることができます。


屋根カバー工法のメリット

Advantages

  • メリット1

    メリット1 費用を抑える
    ことができる

    屋根カバー工法は、既存の屋根材を残したまま新しい屋根材を取り付けるため、屋根材の撤去や廃材処分などの費用がかかりません。その分、屋根の葺き替えよりも費用を抑えることができます。

  • メリット2 工事中の雨漏りが
    起こりにくい

    カバー工法は既存の屋根をそのままにした状態で工事を行いますので、雨漏りなどが起こりにくく、工事の間も普段通りの生活を送ることが可能です。

    メリット2
  • メリット3

    メリット3 工期が短い

    カバー工法は葺き替え工事に比べて「工期が短い」というメリットもあります。葺き替え工事の方が屋根の質は良くなる点もありますが、工期が短く費用も抑えられることからカバー工法を選ばれる方も多くいらっしゃいます。

  • メリット4 断熱性や
    遮音性が高まる

    カバー工法は既存の屋根に新しい屋根をかぶせるため、屋根が二重構造になり厚みが出ます。そのため防音性や遮熱性が高くなるというメリットもあります。

    メリット4

施工例

Before&After

  • befor
    after

施工手順

Construction Procedure

  • 1.足場の設置
  • 2.棟板金の撤去
  • 3.防水シートを敷き詰める
  • 4.軒先・ケラバに板金取り付け
  • 5.金属屋根の持ち運び
  • 6.金属板を張り付ける
  • 7.換棟塔の取り付け
  • 8.下屋根の施工
  • 9.シーリングによる仕上げ
  • 10.完了


PAGE TOP